Spaceprobe contest

スペースプローブコンテスト



スペースプローブコンテストとは?
各々が自作した探査機(スペースプローブ)が小型ロケットにより上空で放出され、着地までの間に技術課題を競う競技会です。2018年、2019年の技術課題は「ターゲットへの着地精度」でした。チームの順位付けは、大会当日の実施結果と機体制作技術、課題解決のアイディア、事前の実験の充実度を考慮して行います。なお2021年度は、2020年度に続き新型コロナウイルス蔓延、拡散防止の観点から、リモート開催となります。